遺産相続コラム

生前対策

相続対策6つの失敗例「配偶者控除」で損をする?

配偶者(はいぐうしゃ)は、婚姻関係にある相手方という事で、結婚している相手(夫・妻)を指します。 相続において …

民法改正で相続ルールが配偶者の貢献に配慮に変更される?

夫婦のいずれかが亡くなった場合、遺った配偶者は、一般的にはそのまま住み慣れた住宅に住みたいと思うでしょう。 し …

相続税の節税方法の不動産・保険・贈与の3パターン

税理士によって相続税の申告が異なる場合があります。 依頼する税理士によって、相続税の納付する金額が変わるので、 …

書いたらダメな遺言の例。トラブルを起こさない方法

現在は認知症になる人が多くなっており、遺言書を元気な時に作っておきたいと思っている人は間違いなく多くなっていま …

生命保険加入率が4割弱と低い英国のその理由

生命保険の考え方としては、生活を遺った家族として保障してもらうなどというようなものは万国共通でしょう。 しかし …

金融機関を相続で活用する方法はありますか?

Q: 金融機関を相続で活用する方法はありますか? A: 金融機関は相続関連サービスを強化しています。税理士、司 …

弟が介護をしていないが相続分は減らせるのか?

相続税法が2015年に改正されたことによって、約2万人も相続税を納税する義務がある人が多くなったそうです。 ま …

借金や葬式費用は相続財産に入るのか?

◎ご質問 離婚し、音信不通だった父が病死したとの連絡がありました。 同居している彼女から生前の治療費、介護費、 …

地震や火災が起きた場合、財産はどうなるのか?

断層が日本では多くあり、地震がどこでも起きる可能性があります。 地震が一旦起きれば、住宅が倒れたり、火災が起き …

可処分所得による増税においての注意点とNISAのポイント

控除・増税がどのような流れになっているか気になっている人も多くいるでしょう。 ここでは、「控除・増税」の流れ、 …

ジュニアNISAとNISAの違いとは?

ジュニアNISA が2016年1月1日から始まりました。 ジュニアNISAというのは、NISAという少額投資非 …

意外と知らない?課税対象となるもの

確定申告と言うと、個人事業主、株の売買、副業、医療費控除、不動産経営、というようなキーワードを思い浮かべるでし …

デジタル終活はご存知?知らないと亡くなった後に赤っ恥かも?

●デジタル終活とは? デジタル終活とはどのようなものでしょうか? インターネット、そしてパソコンやスマホが普及 …

中小企業の「事業承継税制」利用急増の背景は相続税の納税が猶予されるから?

中小企業の「事業承継税制」を利用する人が急増しているそうです。 では、どうして中小企業の「事業承継税制」を利用 …

生前対策で本当に養子縁組は有効なのか?その条件とは?

養子縁組としてはどのような条件があるのでしょうか? 養子縁組の制度としては、特別養子縁組と普通養子縁組の2つが …

「デジタル遺品」のトラブル?生前に整理しておくデジタル遺品とは?

現在はデジタル化が暮らしにおいて進んでいますが、デジタル化は遺品についても進んでいます。 しかし、デジタル化が …

生前対策に使えるもの、遺言書・保険とは?

最近、遺産分割対策でトラブルになっている、あるいはトラブルになっていた、というようなことをよく耳にするようにな …

どっちがお得?賃貸と持ち家のメリット・デメリット

家賃を生涯いつまでも支払っていくのはもったいないので、持ち家をできるだけ早く入手したい、老後の住宅が不安である …

マイナンバーから財産の状況が分かるものなのか?

マイナンバー制度がすでにスタートしていますが、はっきりしないこともまだあるため心配でしょう。 特に、自分が持っ …

遺言書の有るかわからない、探すコツを伝授

相続の手続きをする場合には、遺言書があるかどうかが非常に影響を及ぼします。 遺言書があるかどうかで集める書類も …

1 2 3 4 »