放置された空き家が全国で問題になっていますが、平成26年11月に空き家対策特別措置法が成立しました。
この法律では、以下が決まっています。

・空き家の実情を調べる
・空き家の持ち主に管理を適切に行うように指導する
・空き家の跡地を活用することを促す
・「特定空家」に管理が適切に行われていない空き家が指定できる
・助言・勧告・指導・命令が特定空家に対してできる
・行政代執行や罰金が特定空家に対してできる

空き家とはどのような定義とは?

空き家というのは、基本的に、居住やこれ以外に常に使われていない建物のことです。
具体的には、人の出入りが年間を通じてあるかどうか、電気・水道・ガスを使う状況などから、トータル的に判断して空き家かを見極めるようになっています。
しかし、空き家の場合でも、敷地内に持ち主の許可なしで入るのは不法侵入になるのでできません。

一方、空家対策特別措置法の場合は、空き家が管理不全な場合、敷地内に自治体が入って調査ができたり、持ち主を確かめるために個人情報の戸籍や住民票、固定資産税台帳が使えるだけでなく、インフラ情報として電気や水道を使っている状況が請求できるため、持ち主の情報を入手しやすくなりました。
当然ですが、指導が行政からないように、持っている空き家の管理を定期的に行うことが大切です。
適正管理についての通達を万一もらった場合は、対応を迅速に行う考えを示すことが大事です。

空き家の特徴

空き家の主な特徴についてご紹介しましょう。
高級住宅街のように売買需要があるところにも、多く空き家があります。
この空き家の場合は、相続トラブルが解決しなく、主体的な持ち主がいない空き家が多くあるようです。
処分する場合には高額になるので、相続人間でトラブルになっているようです。

また、再建築ができないので、売ることが困難な空き家も多くあります。
売れない空き家であるため、お金もかけたく無いという考えがあるようです。
空き家としては、放棄物件もあります。
再建築はできますが、高度経済成長の昭和の時代の分譲住宅街に多くの空き家があります。
狭い敷地面積で、自動車が入れない通路沿いの住宅、つまり木造住宅密集地にある空き家があります。
このような空き家は、価値が無いため売れません。
そのため、相続人や持ち主が放棄しています。

日本の空き家数

日本の空き家数は増加が続いています。
住宅・土地統計調査では、2013年において空き家数は全国で約820万戸で、住宅のトータル数に占める割合は約14%になっています。
空き家率としては、0.4ポイント5年前の13.1%からアップしています。
空き家率がこのようにアップするのは、居住者がいる住宅数よりも住宅数が増える方が上回るためです。
2008年~2013年に、居住者がいる住宅が増える比率は5.0%でしたが、住宅のトータル数は5.3%増えており、空き家率は8.3%増えました。
しかし、空き家が増えた数は、1993年~1998年の場合は129万戸でしたが、2008年~2013年の場合は63万戸と少なくなっています。

空き家の場合のデメリット

・治安・景観が悪くなる

空き家の場合は、無人になるため、廃棄物やゴミが敷地内に不法に投棄されて、ゴミ屋敷になる場合がよくあります。
また、落書きを壁や塀などにされる場合も多くあり、最終的に、持ち主がゴミの処分や修繕を自己負担で行う必要があり、結構お金がかかるようになります。
また、生ゴミなどが投機されると、害虫や臭いなどのトラブルが起きたり、近くの住民とトラブルが起きたりします。
しかも、放火などのリスクもあり、二次被害が起きるため非常に危険です。
空き家の場合は、防災、防犯機能が下がっているため、空き巣が助長されるリスクもあります。
また、長期にわたって不審者が普通に暮らしていた場合もあります。
いずれの場合も、持ち主の責任になるため、普段から空き家対策として最低限のものは行っておきましょう。

・資産価値が下がる

家は人が住んでいないと、老朽化・劣化がどんどん進んできます。
当然ですが、資産価値もどんどん低下してきます。
また、空き家がそのままになっていると、資産価値が周りの家も下がってくるため、周りの住民とトラブルになります。

しかも、雑草が茂ったり、雨漏りが発生したり、カビが発生したりすると、公衆衛生が悪くなるリスクもあります。
資産価値が下がると、売る場合も価格が安くなり、賃貸する場合も修繕費用が多額にかかります。
できる限り、不要なものを整理した上で、資産価値が下がらないように管理・維持をしましょう。

・税金がかかる

空き家を持っていると、税金がかかるため悩んでいる人も多いでしょう。
空き家対策特別措置法によって、「危険空き家」になると、税金が優遇されなくなって、税率がアップします。
空き家の場合は、このようないろいろなデメリットがあるため、できる限り空き家にならないように考えましょう。