一部、自分が負担した生命保険金の相続税課税範囲は?

先日、こんなご相談事例がありました。
Aさんは、お父様の死亡により生命保険金を3000万円受取ましたが、この生命保険の支払保険料はお父様が200万円を負担し、Aさんも100万円を負担しておりました。
このケースでは3000万円の生命保険金額すべてが相続税の課税対象になるのでしょうか?というお問い合わせでした。因みに相続人(相続を受ける方)はAさん1名でした。

この場合、Aさんが一部支払いを負担していた生命保険が、お父様の死亡によりAさんが取得した場合には、その負担分に相当する保険金額をしたものとみなされ相続税の課税対象となります。尚、生命保険の種類によっては保険金を、一時に受け取るもののほか、年金方式で受けとるものもありますが、同様の取扱になります。
Life insurance that I paid_1

生命保険金に対しては、非課税枠として500万円×法定相続人の数を限度として非課税とされます。ですので、今回のケースでは相続税と所得税の課税対象は下記の通りとなります。

Life insurance that I paid_2
Life insurance that I paid_3
雇用主が生命保険の支払を負担していた場合では?

前期のお父様がまだお勤めをされており。会社負担での生命保険に加入していたとしましょう。お父様が亡くなる事により雇用主が負担していた場合には相続税がかかるのでしょうか。
雇用主がお父様のために、お父様を被保険者とする生命保険をAさんが受け取った場合、雇用主が負担した保険料が所得税の給与所得における経済的利益としてお父様に課税されることとの関係からお父様が負担したものとして、その保険料に対応する保険金は、相続又は遺贈によって取得したものとみなされ、相続税がかかります。

ただし、雇用主がその保険金をお父様の退職手当金と支給することとしている場合、その保険金は退職手当金等に該当し相続税がかかります。また、雇用主がその契約を解約した場合には解約返戻金が雇用主の所得となって所得税又は法人税の課税対象となりますので、相続税はかかりません。