数次相続とは?

数次相続というのは、法定相続人が遺産分割協議を行う前に死亡した場合に、別の法定相続人がこの相続権を引き継ぐものです。

例えば、家族として父親、母親、2人の子供がいたとしましょう。
この場合の数次相続とは、例えば、父親が死亡して、父親の財産の遺産分割協議を行う前に、母親が死亡したような状況です。
2人の子供は、父親の法定相続人でもあり、さらに母親の法定相続人でもあります。
父親の財産の遺産分割協議を行う際には、基本的に、母親と2人の子供が行う必要があります。
つまり、数次相続とは、相続がこのように重なって複数回発生するような状況のことを言います。

 

読み方が似ている「相次相続」との違いは?

数次相続と相次相続というのはよく似た言葉ですが、意味はちょっと違っています。
相次相続というのは、相続が続けて発生するものです。

しかし、数次相続の場合は、遺産分割協議が行われない状態で相続が続けて発生するものです。
また、相次相続の場合は、特例として相次相続控除というものが設定されています。
というのは、相続が続いて発生すると、税金を最初の相続の時に納付したにも関わらず、再度多くの税金を次の相続の時に納付するのは余りにも負担が大き過ぎるあるためです。
そのため、相続が一定期間のうちに続けて発生した時には、最初の相続の際に納付した一部の相続税を次の相続の時に差し引くものです。
相次相続の場合は、このように、遺産分割協議が終わっていることが条件になって制度が設定されています。

つまり、数次相続は遺産分割協議が行われていない時に次の相続が発生した場合、相次相続は遺産分割協議の後に次の相続が発生した場合になります。

 

「数次相続」と「代襲相続」のちがい

数次相続というのは、相続が発生して遺産分割協議を行う前に法定相続人が死亡した時に、相続権を法定相続人が引き継ぐことです。
一方、代襲相続というのは、本来の法定相続人が相続する前に死亡しているので、相続権をその子供が引き継ぐことです。

 

数次相続の相続手続き

1.相続人の確定

遺産分割協議は、全ての相続人で行う必要があります。
そのため、1人の相続人がいない場合でも、遺産分割協議としては効果がありません。
被相続人の戸籍謄本を入手して、数次相続の場合に誰が法定相続人になるかを決める必要があります。

2.遺産分割協議書

相続人が決まると、どのように被相続人の財産を分けるかという遺産分割協議を行います。

しかし、相続人がすでに死亡している場合は、遺産分割協議書をどのようにして作るといいか悩んでしまうでしょう。
方法としては、1つの遺産分割協議書に何回かの相続をまとめて記載するものがあります。

また、間違わないためには、相続の1回ごとに分けて遺産分割協議書を作る方がミスが少なくなるでしょう。
遺産分割協議書の1つ目のものを作る場合は、「相続人兼被相続人 ○○○○」というように死亡した相続人欄に記載します。
このため、数次相続になっていることがはっきり分かります。

遺産分割協議書の2つ目のものを作る場合は、死亡した相続人の財産があれば、遺産分割協議書を再度作ります。

 

3.相続登記

相続する際に遺産分割協議や相続登記をしない状態で相続が相続人に発生すれば、相続登記を残った相続人が行う必要があります。
基本的に、相続登記の1つ目が終わってから2つ目のものを行うようにします。

1.中間省略登記できる場合

中間省略登記できる場合は、単独の相続人に中間の相続人がなっているという条件が必要です。
例えば、家族が父親、母親、2人の子供の4人としましょう。
父親の相続が発生した後に、遺産分割協議を母親と2人の子供の3人で行うつもりでしたが、遺産分割協議を行う前に母親の相続も発生しました。
基本的には、父親の相続をする際に遺産分割協議を相続人の母親と2人の子供の3人で行ってから、相続登記をする必要があります。

しかし、父親の相続をする場合に、遺産分割協議書に母親だけが単独で相続する予定であるということを入れ込んで、母親の相続をする際の遺産分割協議を2人の子供で行って、この遺産分割協議の結果を書いた遺産分割協議書をベースに相続登記をすると、登記申請は1回でできます。
また、最終的に単独の相続人でない場合でも問題ありません。

2.中間登録登記できない場合

先にご紹介した1.中間省略登記できる場合以外は、基本的に相続登記を省いて行うことはできません。

 

数次相続のまとめ

ここでは、数次相続についてご紹介しました。
両親の父親あるいは母親のいずれかが死亡して、遺産分割協議などが終わらない前に、別の両親も死亡するような場合も多くあるでしょう。
しかし、このような場合には、相続人には誰がなるか? どのようなことをまず行うといいか? 相続の手続きをする方法はどのようになるか? などということで迷うようなこともあるでしょう。
このように迷った場合は、ここでご紹介したようなことをぜひ参考にしましょう。