遺産相続とは

  • HOME »
  • 遺産相続とは

相続とは、亡くなった方の所有している財産を、配偶者や子供、孫、親族が受け継ぐ事です。

亡くなった方を「被相続人」、財産を受け取る方を「相続人」と言います。
被相続人から相続人に受け継がれる財産の事を、「相続財産」または「遺産」と言います。
相続は被相続人が亡くなると同時に発生し、基本的には遺産の全てが相続人に受け継がれます。

ただし相続財産には、土地や不動産、自動車、現金、預貯金、有価証券などのプラスの
財産のみならず、負債、借入金、損害賠償責任などの、マイナスの財産も含まれています。

相続開始時に相続人が複数いる場合、相続財産は相続人全員の共有財産と認められているため、
正式な遺産分割が決定するまでは、相続財産を処分する事はできません。

一般的な相続とは、誰が相続人であるかを明確にし、
各相続人が相続財産をどのように分割するかを決定する事を言います。

相続問題は早期解決が鍵! 当事務所が解決します!

相続は被相続人の死亡により開始します。 相続は被相続人の意思や、相続人の意見等を尊重致しますが、 遺言の内容や協議等の話し合いにより、手続きも非常に複雑に 変化します。右に相続の流れを図にしたものを記載します。
相続 (1)遺言に基づくやり方 (2)遺産分割協議に基づくやり方 (3)民法の定めた相続分に基づくやり方遺言書がある場合原則:遺言通り 例外:遺留分といって「相続人として取得できる最低限度の相続分」を侵害された時は取り戻すことができる。 ⇒遺留分滅殺請求 ※但し、兄弟には遺留分はありません。

被相続人の死亡についての説明
被相続人=相続財産を遺して亡くなった方

手続きや申請の期間と手順

相続の際には、被相続人の出生時からのすべての戸籍の取得、 およびその他、様々な申請や手続きが必要であり、それら全てに厳格な期限が設けられています。 相続の手続きは非常に複雑であり、各個人によって対応も様々なため、専門家によるアドバイスが非常に重要です。

相続の流れ
相続の流れ

PAGETOP
Copyright © 遺産相続無料相談センター All Rights Reserved.