よくある質問・料金など

よくある質問・料金など
相談の際によく来る答問をまとめました、お問い合わせの前に是非一度目を通してください。

→続きはこちら

財産診断で相続税対策を!

財産診断で相続税対策を!
相続財産を専門家があらゆる角度から診断を行い、アクションプランなどを資料を作成しながらご提案をいたします。

→続きはこちら

不動産買取・見積もり・活用をお考えの方へ

不動産買取・見積もり・活用をお考えの方へ
相続に関わる(売却・活用・トラブル)全国各地域の不動産(土地・建物)見積もり・買取をいたします。どんな些細なものでもご相談ください。不動産の専門家がご相談にお乗りいたします。

→続きはこちら

遺言書の書き方で・節税に繋がるケースも

遺言書の書き方で・節税に繋がるケースも
遺言書作成前に各種専門家、コンサルタントと無料面談・出張で対応可能です、節税対策可能な遺言書で、しっかりと財産を遺しましょう。

→続きはこちら

税務署に指摘されない、相続税申告を

税務署に指摘されない、相続税申告を
申告の20~30%で税務調査が入ります、不備があると追徴課税が課されてしまいます、指摘されない申告と払い過ぎた相続税還付などのご相談も可能です。

→続きはこちら

経営者向け相続

経営者向け相続
会社の相続は事業承継と一般的には言われております。平成30年の税制改正を活用して、会社に合ったオーダーメイドの事業承継が可能です。

→続きはこちら

専門知識がない人達同士で悩み続け、時間・体力を使ってはいませんか?

相続に関する相談から交渉・手続きまで私たちがすべて代行・サポートします。

相続のトータルサポート画像
対応地域は東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県

対応地域は、問い合わせが集中しており
東京・神奈川・埼玉・千葉を中心に対応しております。
対応地域は順次拡大を検討していますので、少々お待ちください。

上記、お悩み・疑問にすぐ対応解決致します。
相続のトラブルによって人間関係が崩壊・・・になる前に、些細なご相談から問題解決まで「年間4,500件以上の相続案件に携わってきた実績豊富な相続コンサルタント」があなたと話し合いの元に最善の策で解決まで対応いたします。

相続の申請や手続きは、非常に複雑で難しいのが現状です。
特に相続に関わる書類提出は「平日」に行わなければならず、家族との話し合いも含め時間も労力も掛かります。

当センターは、相続をする方、相続をされる方達の、相続に関する悩みを解決するため、各士業と連携を行い、相談無料でご相談をお受けしています。

※ご相談内容によっては、別途費用が掛かる場合がございます。

【PR】
今すぐに相談できる全国の弁護士を紹介

遺産相続無料相談センターは相談・面談・出張を無料で受け付けております。
相続は人生で一度は必ず起こり得る事です、その際に家族の関係がぎくしゃくする場合も多く、中々相談が出来ないと思います、一人で悩まず、ご相談ください。
相続相談の年間件数4,500件の実績と40年以上の知識と経験で対応します。かかる費用・遺産や相続の悩みや問題など続柄・家族構成による相続の割合などしっかりご対応させていただきます。
現在、相続の質問の多いものとしては、財産分析・不動産売却・不動産活用・法定相続人・相続放棄・代襲相続・法定相続分・事業承継・土地の相続分割・税制改正後の相続税・遺産調査など以外にも、不動産登記・保険手続き・遺言書作成・その他相続に関わる書類作成・土地の評価額の調査・税理士と生前贈与・相続税などの相続に関わる事すべて相談・実施可能です。

遺産相続無料相談センターによくある質問

  • 【相談はどのように行えばよいでしょうか?】

    ご面談で対応いたします、まずは無料相談をお申し込みください。
    当センターの担当員が丁寧に対応します、状況によっては出張面談も可能です。

  • 【相続対策のための生前贈与や、親族間の不動産売買等のご相談も可能でしょうか?】

    可能です。親族間売買の適正価格(時価)の算出や、贈与による節税対策等、相続や贈与に関する税務回りのご相談でもすべてご対応可能です。

  • 【遺言書の作成支援もお手伝いいただけますか?】

    可能です。公正証書遺言及び自筆証書遺言の作成支援を行っております。
    相続の実績豊富な税理士の先生と一緒に、税務面を考慮した遺言作成のアドバイスをさせて頂きます。

  • 【財産調査で、すべての財産を発見することができますか?】

    いいえ、残念ながら100%漏れなく財産を調査できるという保証はありません。
    残された手がかりをもとに調査する手法で、この手がかりがない場合には財産を見逃してしまう恐れもあります。
    調査手法は、金融機関で他の弁護士であれ同様のものとなり、例えば他の弁護士に依頼したから網羅的に財産を調査できるといった違いはありません。

遺産相続コラム

実家を売却したい、まずは相続登記から

親から相続した土地や、家を売る  親が亡くなったとき、亡くなられた人の配偶者もすでに他界している場合は、一般的 …

納得の出来ない相続に関して

妹から遺産である全ての現金を請求されています。払わなければいけないのでしょうか,納得出来ません!!! 父が亡く …

身寄りのない人の相続対策

以前「おひとりさま」という言葉が流行りましたね。 さて,身寄りのない人は今からどのような相続の対策を取ればいい …

親の家を処分したい?方法は?手元にお金は残せるのか

1. 親の家の価値はいくらぐらい? 悲しいけれどいつかは直面する、親の世代の病気や逝去。そんな時、実家をどうし …

別れた妻(夫)の子でも相続させることは可能なのか?

1.結婚及び離婚と相続 総務省の統計によると,平成25年の婚姻件数は660,613組となっており, 一方で,平 …

認知していない愛人の子,婚外子(非嫡出子)は相続することができるのか?

私の父には,愛人がいて,最近その愛人に子どもがいることが分かりました。確認の為,父の戸籍を取寄せましたが,認知 …

財産がある人が認知症になったらどうすればいいの?

1.成年後見制度が強い味方になります。 成年後見制度は精神上の障害 (知的障害、精神障害、認知症など)により判 …

相続法の改正で、変更されたポイント

日本は現在超高齢化社会となっており、まさにこの先は大相続時代となっていきます。  この社会に対応していくため、 …

会社の負債も相続するのか?

父親が事業を営んでおり,長男も跡継ぎとして,父親の事業を手伝っています。母親は既に他界しており,二男であるわた …

長男・長女の財産の使い込みに関して

兄と姉が母の財産を使い込んでいる何とかならないの?! 私は,兄と姉を含めて三人兄妹です。父は既に他界し,母は認 …