よくある質問・料金など

よくある質問・料金など
相談の際によく来る答問をまとめました、お問い合わせの前に是非一度目を通してください。

→続きはこちら

財産診断で相続税対策を!

財産診断で相続税対策を!
相続財産を専門家があらゆる角度から診断を行い、アクションプランなどを資料を作成しながらご提案をいたします。

→続きはこちら

不動産買取・見積もり・活用をお考えの方へ

不動産買取・見積もり・活用をお考えの方へ
相続に関わる(売却・活用・トラブル)全国各地域の不動産(土地・建物)見積もり・買取をいたします。どんな些細なものでもご相談ください。不動産の専門家がご相談にお乗りいたします。

→続きはこちら

遺言書の書き方で・節税に繋がるケースも

遺言書の書き方で・節税に繋がるケースも
遺言書作成前に各種専門家、コンサルタントと無料面談・出張で対応可能です、節税対策可能な遺言書で、しっかりと財産を遺しましょう。

→続きはこちら

税務署に指摘されない、相続税申告を

税務署に指摘されない、相続税申告を
申告の20~30%で税務調査が入ります、不備があると追徴課税が課されてしまいます、指摘されない申告と払い過ぎた相続税還付などのご相談も可能です。

→続きはこちら

経営者向け相続

経営者向け相続
会社の相続は事業承継と一般的には言われております。平成30年の税制改正を活用して、会社に合ったオーダーメイドの事業承継が可能です。

→続きはこちら

専門知識がない人達同士で悩み続け、時間・体力を使ってはいませんか?

相続に関する相談から交渉・手続きまで私たちがすべて代行・サポートします。

相続のトータルサポート画像
対応地域は東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県

対応地域は、問い合わせが集中しており
東京・神奈川・埼玉・千葉を中心に対応しております。
対応地域は順次拡大を検討していますので、少々お待ちください。

上記、お悩み・疑問にすぐ対応解決致します。
相続のトラブルによって人間関係が崩壊・・・になる前に、些細なご相談から問題解決まで「年間4,500件以上の相続案件に携わってきた実績豊富な相続コンサルタント」があなたと話し合いの元に最善の策で解決まで対応いたします。

相続の申請や手続きは、非常に複雑で難しいのが現状です。
特に相続に関わる書類提出は「平日」に行わなければならず、家族との話し合いも含め時間も労力も掛かります。

当センターは、相続をする方、相続をされる方達の、相続に関する悩みを解決するため、各士業と連携を行い、相談無料でご相談をお受けしています。

※ご相談内容によっては、別途費用が掛かる場合がございます。

【PR】
今すぐに相談できる全国の弁護士を紹介

遺産相続無料相談センターは相談・面談・出張を無料で受け付けております。
相続は人生で一度は必ず起こり得る事です、その際に家族の関係がぎくしゃくする場合も多く、中々相談が出来ないと思います、一人で悩まず、ご相談ください。
相続相談の年間件数4,500件の実績と40年以上の知識と経験で対応します。かかる費用・遺産や相続の悩みや問題など続柄・家族構成による相続の割合などしっかりご対応させていただきます。
現在、相続の質問の多いものとしては、財産分析・不動産売却・不動産活用・法定相続人・相続放棄・代襲相続・法定相続分・事業承継・土地の相続分割・税制改正後の相続税・遺産調査など以外にも、不動産登記・保険手続き・遺言書作成・その他相続に関わる書類作成・土地の評価額の調査・税理士と生前贈与・相続税などの相続に関わる事すべて相談・実施可能です。

遺産相続無料相談センターによくある質問

  • 【相談はどのように行えばよいでしょうか?】

    ご面談で対応いたします、まずは無料相談をお申し込みください。
    当センターの担当員が丁寧に対応します、状況によっては出張面談も可能です。

  • 【相続対策のための生前贈与や、親族間の不動産売買等のご相談も可能でしょうか?】

    可能です。親族間売買の適正価格(時価)の算出や、贈与による節税対策等、相続や贈与に関する税務回りのご相談でもすべてご対応可能です。

  • 【遺言書の作成支援もお手伝いいただけますか?】

    可能です。公正証書遺言及び自筆証書遺言の作成支援を行っております。
    相続の実績豊富な税理士の先生と一緒に、税務面を考慮した遺言作成のアドバイスをさせて頂きます。

  • 【財産調査で、すべての財産を発見することができますか?】

    いいえ、残念ながら100%漏れなく財産を調査できるという保証はありません。
    残された手がかりをもとに調査する手法で、この手がかりがない場合には財産を見逃してしまう恐れもあります。
    調査手法は、金融機関で他の弁護士であれ同様のものとなり、例えば他の弁護士に依頼したから網羅的に財産を調査できるといった違いはありません。

遺産相続コラム

空き家の何が問題なの?相続した不動産を有利に手放すための特例制度とは

今、全国各地で空き家が社会問題になっています。相続したもののそのまま放置されて老朽化をたどる空き家が、増え続けているのです。親の住んでいた実家の一戸建てを相続しても、マンション住まいや離れた場所にマイホームを建てているケ …

コスパの良い空き家対策・活用法のおすすめまとめ

日本には800万戸を超える空き家が全国に点在しているといわれています。相続などで空き家として放置された住宅は、周辺の環境を悪化させたり、防災や防犯面でも問題となって、社会的な解決方法が模索されている途中です。国では、空き …

空き家を放置したらどうなる?固定資産税であわてないために

今、全国各地で人が住まないまま放置された「空き家」が問題となっています。過疎化によって人口減少が著しい地方や山間部だけではなくて、最近は住宅が密集している都市部でも空き家が増えていて、さまざまな問題が指摘されています。 …

相続した土地・建物を空き家・空き地にせずに活用しよう!

平成25年(2013年)に国土交通省が実施した「土地建物調査」によると、全国の空き家数は83万戸、空き家率(総住宅数に占める割合)は13.5%と過去最高を記録しました。空き家のままにしてある理由の回答(複数回答可)では、 …

実家の相続にかかる税金・できる対策は?

年々実家を相続しない人が増えている?  最近、実家を相続しない人が増えているというニュースが入ってきました。これも2015年に行われた税制改正の影響でしょうか。相続税の課税最低額が引き下げられたことで相続税の申告や納税を …

空き家の放置はデメリットがいっぱい!相続空き家は特例を使って手放したほうがお得?

最近、メディアでよく話題になっている「空き家問題」。 空き家問題といえば、昔建てられたボロボロの家が傾いていたり、窓ガラスがバリバリに割れていたりと言った映像が頭に浮かんできますが、具体的にはどういったことが問題なのかと …

相続放棄をする際の申述書の書き方や費用は?

被相続人(亡くなった方)の死亡により相続が開始します。  相続が開始したら、相続人は遺産相続をすることとなりますが、その遺産は必ず相続しなければならないのでしょうか?  相続をするということは、プラスの遺産だけではなく、 …

遺留分について教えてください

相続財産の遺留分とは,最低限相続できる財産を,残された遺族に保証されている権利です。(民法1028条) 亡くなった方の意思を尊重するため,遺言書の内容は優先されるべきものです。しかし,「愛人に対し全財産をあげる」という遺 …

「デジタル遺品」のトラブル?生前に整理しておくデジタル遺品とは?

現在はデジタル化が暮らしにおいて進んでいますが、デジタル化は遺品についても進んでいます。 しかし、デジタル化が遺品についても進むと、自分が亡くなった後に考えてもみなかったようなトラブルになる恐れがあります。 というのは、 …

広大地の評価の廃止と新設された地積規模の大きな宅地の評価による土地評価の問題点と対策

相続登記の義務化が開始される見込みがある中、相続税等の財産評価の適正化について理解しておきたいと考えている方が増えています。ここでは廃止された広大地の評価と新設された地積規模の大きな宅地の制度の差異について解説しながら、 …