専門知識がない人達同士で争い続け、時間・体力を使ってはいませんか?

相続に関する相談から交渉・手続きまで私たちがすべて代行・サポートします。

相続のトータルサポート画像
  1. 生前対策サポート
  2. 相続人の調査
  3. 障碍者(障害者)相続サポート
  4. 不動産土地活用サポート
  5. 不動産買取・見積もり
  6. 遺言書作成・執行手続き
  7. 相続人・相続財産の調査
  8. 相続登記に関する手続き
  9. 各種必要書面の作成
  10. 相続税・贈与税申告書面作成

上記、お悩み・疑問にすぐ対応解決致します。
相続のトラブルによって人間関係が崩壊・・・になる前に、些細なご相談から問題解決まで「40年以上相続の案件に携わってきた実績豊富な弁護士」があなたと話し合いの元に最善の策で解決まで対応いたします。

相続の申請や手続きは、非常に複雑で難しいのが現状です。
特に裁判所への書類提出は「平日」に行わなければならず、家族との話し合いも含め時間も労力も掛かります。

当法律事務所は、相続をする方、相続をされる方達の、相続に関する悩みを解決するため、相談無料でご相談をお受けしています。

※ご相談内容によっては、別途費用が掛かる場合がございます。

遺産相続とは

遺産相続とは

相続というのは、人が亡くなったときに、その人(被相続人)の財産等を、子や妻など一定の身分関係にある人(相続人)が受け継ぐということです。

→続きはこちら

当事務所について

当事務所について

「遺産相続無料相談センター」は、相続問題の早期解決を目的とした、相続問題のエキスパート達による、相談窓口です。

→続きはこちら

よくある質問・料金など

よくある質問・料金など

相談の際によく来る答問をまとめました、お問い合わせの前に是非一度目を通してください。

→続きはこちら

生前に税・贈与・紛争対策をお考えの方へ

相続税対策をお考えの方へ

あなたが残したい財産を、しっかりと計画を立てて相続させたい人に。

→続きはこちら

不動産買取・見積もり・活用をお考えの方へ

不動産買取・見積もり・活用をお考えの方へ

相続に関わる(売却・活用・トラブル)全国各地域の不動産(土地・建物)見積もり・買取をいたします。どんな些細なものでもご相談ください。不動産の専門家がご相談にお乗りいたします。

→続きはこちら

障碍者(障害者)のお子様をお持ちの方へ

障碍者(障害者)のお子様をお持ちの方へ

当事務所は障害者相談員を中心とし、将来の自活(自立)を出来るためにあなたの財産をしっかりとお子様に託します。

→続きはこちら

遺産相続無料相談センターは相談無料受け付けております。
相続は人生で一度は必ず起こり得る事です、その際に家族の関係がぎくしゃくする場合も多く、相手方が弁護士など立てている場合など一人で悩まず、ご相談ください。
相続相談の年間件数4,500件の実績と40年以上の知識と経験で対応します。かかる費用・遺産や相続の悩みや問題など続柄・家族構成による相続の割合などしっかりご対応させていただきます。
現在、相続の質問の多いものとしては、法定相続人・相続放棄・代襲相続・法定相続分・土地の相続分割・税制改正後の相続税・遺産調査など以外にも、不動産登記・保険手続き・遺言書作成・その他相続に関わる書類作成・土地の評価額の調査・税理士と生前贈与・相続税などの相続に関わる事すべて相談・実施可能です。

遺産相続コラム

生前に遺産分割協議や相続放棄遺留分放棄はできるのか

■Q 両親と私(長女)、独立している長男と次女の5人の家族構成です。 父親が長期間入院中で、もし父親が亡くなっ …

自分で遺言書を作る場合の注意点

遺言書にはいくつかの方式がありますが、その中で最も手軽なものが、「自筆証書遺言」と呼ばれるものです。 自筆証書 …

相続における弁護士、税理士の活用方法

Q: 弁護士、税理士をどのように活用すればいいですか?   家裁の調停や審判での代理人は弁護士のみ …

音信不通の相続人がいる場合どうしたらいいの?

【ご質問】 先月、私の父がなくなりました。 母も既に他界していますが、私には兄がいます。 ただ、その兄は10年 …

借金のある会社の経営者が亡くなった場合は、生命保険は受けとれるものなのか?

まず、生命保険とは、簡単にご説明しますと被保険者(保険の対象になる人)の死亡または高度障害状態を保険事故として …

障碍者にとっての成年後見制度とは?

私は障碍がある当事者として、これまで様々な当事者の悩みや相談を受けてきました。 以前、障碍者や高齢者にホームヘ …

立て続けに起きた親の相続

昨年父が他界しました。そして、父の遺産ついてどうするかの話し合いも終わらないまま母も他界しました。 相続人は、 …

遺言で財産を受け取る人(受遺者)が先に亡くなってしまったら

□この度、父方の伯父が亡くなりました。 伯父は結婚しておりましたが、子がいなく、妻にも先立たれていました。 父 …

遺言が必要なのはどういう場合ですか?遺言を書く際に注意したほうがいいことは何ですか?

Q: 遺言が必要なのはどういう場合ですか?遺言を書く際に注意したほうがいいことは何ですか? A: 子供のいない …

特別受益(とくべつじゅえき)とは?

相続トラブルになりやすい例を紹介 父親が亡くなり、相続人は母親と、長男と長女のわたしの3人で、遺産は5000万 …