遺産相続コラム

不動産

相続のプロが教える!遺品整理を専門業社に任せるときのポイント

最近は、孤独死や事故物件などになったりした場合には、専門業者に遺品整理を任せるような場合もあるのではないでしょうか。 しかし、専門業者に遺品整理を任せる場合にはリスクがあります。 ここでは、専門業者に遺品整理を任せる場合 …

地震や火災が起きた場合、財産はどうなるのか?

断層が日本では多くあり、地震がどこでも起きる可能性があります。 地震が一旦起きれば、住宅が倒れたり、火災が起きたりするなど、大きな被害を個人が持っている財産も受けます。 ここでは、相続税は災害が起きた場合にどのようになる …

意外と知らない?課税対象となるもの

確定申告と言うと、個人事業主、株の売買、副業、医療費控除、不動産経営、というようなキーワードを思い浮かべるでしょう。 一方、株主優待は、確定申告など関係ないと思い込んでいるかもしれませんが、実際には確定申告の対象になりま …

生前対策で本当に養子縁組は有効なのか?その条件とは?

養子縁組としてはどのような条件があるのでしょうか? 養子縁組の制度としては、特別養子縁組と普通養子縁組の2つがありますが、基本的に特別養子縁組は子供が6歳以上の場合には結べません。 ここでは、普通養子縁組に限定してご紹介 …

建売住宅を買ったが使用料を要求、境界線のトラブルの決着方法とは?

マイホームをせっかく入手した場合は、できるだけトラブルは隣と避けたいでしょう。 しかし、家が密集している場合には、土地がほんのわずかなものでも、その土地はうちのものだ、などというようにトラブルが境界線をめぐって発生する場 …

海外の不動産の具体的な相続税評価の方法とは?

最近は、海外の不動産投資が人気になっています。 特に、東南アジアの国々において、マンションなどの不動産を購入する人が多くいるそうです。 そのため、海外の不動産を購入して節税したいと考えている人もいるのではないでしょうか。 …

借金が発覚、相続放棄すると兄弟の相続件は無いのか?

借金を亡くなった人が残したが、相続放棄を相続人がすると借金を子どもが受け継ぐようになるのでしょうか? また、子供がいない借金がある叔父が亡くなって、相続放棄を叔父の兄妹になる母がする場合は、相続放棄を自分もする必要がある …

どっちがお得?賃貸と持ち家のメリット・デメリット

家賃を生涯いつまでも支払っていくのはもったいないので、持ち家をできるだけ早く入手したい、老後の住宅が不安であるため持ち家が欲しい、というようなことをよく耳にします。 家賃を生涯いつまでも支払っていても全く残らないため、持 …

マイナンバーから財産の状況が分かるものなのか?

マイナンバー制度がすでにスタートしていますが、はっきりしないこともまだあるため心配でしょう。 特に、自分が持っている財産や資産の状況がマイナンバーで全て分かるのではないかと多くの人が不安になっているようです。 では、マイ …

相続登記に、権利証は必要か?

■事例 「父が亡くなったので、父名義の不動産を、相続人である私に変更したいのですが、権利証が見たりません。相続登記は可能でしょうか?」 よくある質問です。 結論から言うと、相続により不動産の名義を変更する際は、原則、権利 …

結婚資金の用立てを親に、贈与税は掛かるのか?

多くの女性が、結婚式・披露宴に対して盛大にしたいと思っているのではないでしょうか。 しかし、新婚カップルの場合には、結婚生活においてこれから費用がいろいろ発生するため、やはり、出費は手痛いでしょう。 有名な都内のホテルで …

親の借金を相続する?しない?どうやって判断すればよいか?

相続する場合に、親が借金をしていることもあるのではないでしょうか。 では、親が借金をしていた場合には相続放棄をする方がいいのでしょうか? ここでは、親が借金をしていた場合に、相続放棄をすべきかどうかの判断基準についてご紹 …

親族が亡くなった時にするべきこと7つ

※こちらの記事の内容は法改正により一部変更された内容が記載されている点があります。 修正された内容はコチラ「相続法の改正で、変更されたポイント」をご覧ください。 親族が亡くなった時にするべきことはどのようなものがあるので …

相続人がいない場合はその財産はどうなるの?

ご質問 先日、地方に住んでいた私の母が亡くなりました。 既に父は他界しており、私も母も兄弟姉妹がいないため、法定相続人は私一人になるようです。 母の遺産は山林や荒れた畑等の土地が多く、正直に言うと、私が相続しても自分で利 …

成年後見人(保佐人・補助人)にできること、できないこと

成年後見制度というのは、高齢者などが認知症になった場合に、判断する能力が下がった人の考えを尊重して、その権利を保護するためのものです。 ここでは、成年後見人(保佐人・補助人)にできること、できないこと、成年後見制度のメリ …

相続した土地・建物を空き家・空き地にせずに活用しよう!

平成25年(2013年)に国土交通省が実施した「土地建物調査」によると、全国の空き家数は83万戸、空き家率(総住宅数に占める割合)は13.5%と過去最高を記録しました。空き家のままにしてある理由の回答(複数回答可)では、 …

孫へ相続を考えている方は必見!二次相続を回避する際の注意点

平成27年1月の相続税改正によって、相続税の課税対象に資産がなる前に相続対策をしたいということで、資産を譲渡するいろいろな方法が着目されています。 国としても、資産を相続税の課税前の段階において譲渡する贈与税に対して特例 …

お一人様相続の方へ、準備しませんか?

お一人様相続というのは、これからは多くなっていくことが想定されています。 最近、お一人様相続ということが、世の中でだんだんと言われるようになってきています。 遺産相続と言うと、イメージとしては、妻へ夫から、あるいは夫へ妻 …

平成29年度税制改正によって、相続税などは平成28年度税制とどのように変わるのでしょうか?

ここでは、平成29年度税制改正による相続税に関係する見直し内容についてご紹介しましょう。 ●贈与税・相続税の納税義務 ・外国で暮らしている人の居住期間 国際相続に関係する贈与税・相続税の課税範囲は非常に複雑ですが、被相続 …

認知症の父の名義の不動産を売るには?

親名義の不動産の売却についての相談が比較的多いので、その手続きについて説明したいと思います。 1.親自身が契約できる状態にあるか? 当然のことながら、不動産所有者は親ですので、売却するためには、本人(親)に売却する意思が …

« 1 2 3 4 »