遺産相続コラム

遺留分

確実な遺言は公正証書遺言で!作成方法からメリット・デメリットまで解説!

※こちらの記事の内容は法改正により一部変更された内容が記載されている点があります。 修正された内容はコチラ「相続法の改正で、変更されたポイント」をご覧ください。 遺言には種類があるのをご存知でしょうか?  遺言の種類によ …

生前対策で本当に養子縁組は有効なのか?その条件とは?

養子縁組としてはどのような条件があるのでしょうか? 養子縁組の制度としては、特別養子縁組と普通養子縁組の2つがありますが、基本的に特別養子縁組は子供が6歳以上の場合には結べません。 ここでは、普通養子縁組に限定してご紹介 …

遺言書の有るかわからない、探すコツを伝授

※こちらの記事の内容は法改正により一部変更された内容が記載されている点があります。 修正された内容はコチラ「相続法の改正で、変更されたポイント」をご覧ください。 相続の手続きをする場合には、遺言書があるかどうかが非常に影 …

親族が亡くなった時にするべきこと7つ

※こちらの記事の内容は法改正により一部変更された内容が記載されている点があります。 修正された内容はコチラ「相続法の改正で、変更されたポイント」をご覧ください。 親族が亡くなった時にするべきことはどのようなものがあるので …

その解約待った!相続で生命保険を解約の前に注意するポイント

生命保険についてファイナンシャルプランナーが相談する仕事は、新しく入るための検討、入っている際の見直し、解約する際の検討があります。 ここでは、入っている際の見直し、解約する際の検討の場合に関係する「生命保険の解約」で損 …

余命宣告をうけた夫が「残りの人生は愛人とすごす」財産はどうなる?

最近は、ネットの掲示板にもいろいろなものが投稿されています。 このようなネットの掲示板では、話題になっているものも多くあります。 ここでは、ネットの掲示板で話題になった主婦の投稿についてご紹介しましょう。 夫が余命宣告を …

相続質問◆内容婚外子の相続

Q:内縁の妻の相続分はどうなりますか? また、内縁の妻との間に生まれた子供の相続分はどうなりますか? A: 内縁の妻であり戸籍上の配偶者でなければ、遺言がない限り相続をすることはできません。 なお、現在(平成25年9月5 …

相続の裁判はどのようなものなのか

芸能人や有名な企業家などの相続の裁判が、たまにニュースなどで話題になります。 最近は、相続のトラブルも良く耳にします。 では、近親者や肉親同士の相続トラブルの裁判とはどのようにものでしょうか? ここでは、相続の裁判につい …

遺産相続トラブルで相談の多い事例

遺産相続トラブルの場合には、穏やかな毎日が家族が亡くなった後の遺産相続トラブルによって崩れて、血縁者同士で骨肉の争いが長期間に渡って行われるというように発展することがあります。 遺産相続トラブルは恐ろしいと思いながらも、 …

生前に遺産分割協議や相続放棄遺留分放棄はできるのか

■Q 両親と私(長女)、独立している長男と次女の5人の家族構成です。 父親が長期間入院中で、もし父親が亡くなってしまった時のために、あらかじめ家族全員で父親の財産をどのように分けるのか、事前に話合いをしておいて、相続の際 …

自分で遺言書を作る場合の注意点

※こちらの記事の内容は法改正により一部変更された内容が記載されている点があります。 修正された内容はコチラ「相続法の改正で、変更されたポイント」をご覧ください。 遺言書にはいくつかの方式がありますが、その中で最も手軽なも …

立て続けに起きた親の相続

※こちらの記事の内容は法改正により一部変更された内容が記載されている点があります。 修正された内容はコチラ「相続法の改正で、変更されたポイント」をご覧ください。 昨年父が他界しました。そして、父の遺産ついてどうするかの話 …

遺言で財産を受け取る人(受遺者)が先に亡くなってしまったら

□この度、父方の伯父が亡くなりました。 伯父は結婚しておりましたが、子がいなく、妻にも先立たれていました。 父方の祖父母も既に亡くなっています。 父は4人兄弟の末っ子で、この度亡くなった伯父は長兄でした。 父は既に5年ほ …

内縁関係と相続について

私たちの両親は、私と妹が幼少の頃に離婚しています。 私は母に引き取られたため、父とは疎遠になっていたところ、この度、父が病気で亡くなった旨の知らせを受けました。 父は母と離婚した後、10年以上にわたり生活を共にしていた、 …

相続で紛争になってしまった場合の対処方法とは?

Q:紛争になってしまったらどうすればいいですか? A:まず当事者同士の話し合いが必要です。精神論よりも法律にもとづいて考えましょう。 必ずしも弁護士が必要というわけではありませんが、円滑に進むケースもありますので必要なら …

「争族」になる原因とは?

遺産相続において遺産相続とありますが、なぜ揉めるのでしょうか?巷では、それを争族と申します。 そもそも揉めるポイントとは何でしょうか?遺産分割がいろいろな意味で「不公平」だからです。「特別受益」「寄与分」「遺留分」に注意 …

遺言書の検認が終了しました

父が死亡しました。 相続人は、母と私を含めた3人の子供と、甥っ子(既に死亡した次男の子供たち)2人、合計6人です。 父は自筆で遺言書を残していたので、家庭裁判所で検認の手続きは行いました。遺言書の内容は、「甥っ子Aに全て …

相続手続きを専門家に頼む必要はあるのでしょうか?

Q:相続手続きを専門家に頼む必要はあるのでしょうか? A:相続の手続きにはいろいろな手続きがあり、手続き先の数が多いので依頼するほうがいいかもしれません。ただ、報酬がどれくらいかかるのかを事前に忘れずに確認しましょう。 …

「遺言執行者」とはどういうことをする人ですか?

Q:「遺言執行者」とはどういうことをする人ですか? A:遺言の内容を実現する役割を担う人です。「遺言執行者」がいると相続手続き上も便利ですが、執行者を置いたことで紛争を引き起こすこともあります。 「遺言執行者」を指定する …

内縁の妻は相続人となるか

父が亡くなりました。 母は、私を産んだ直後に他界しています。それから父は、一人で暮らしており、再婚はしませんでした。 しかし、葬儀の際に顔も知らない女性が参列に来られたので、話を聞いてみると、その方は父と10年以上付き合 …

« 1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © 遺産相続無料相談センター All Rights Reserved.