遺産相続コラム

相続税

宗教法人の事業承継と相続財産について相続税はかかるのか?

ここでは、宗教法人が事業承継、あるいは相続を行う場合に税金はかかるのか、についてできるだけわかりやすく解説していきます。宗教法人は基本的に非課税という印象がありますよね。実際のところはどうなっているのか、順を追って見てい …

【相続発生】死亡届から相続税の申告までのスケジュールとその流れ

※こちらの記事の内容は法改正により一部変更された内容が記載されている点があります。 修正された内容はコチラ「相続法の改正で、変更されたポイント」をご覧ください。 人が亡くなった瞬間から相続は始まります、それぞれの期限を再 …

家族が亡くなった際にする事、費用の準備と遺骨の取り扱いの正しい知識をつけよう

葬儀の基礎知識とその理由 まず、直葬というのは、亡くなったところから火葬場へ直接送って火葬するようなイメージがあるでしょう。 しかし、法律で火葬は亡くなってから24時間はできないことが決まっています。 病院のほとんどは、 …

おひとりさまの方必見!相続対策は必要なのか?

※こちらの記事の内容は法改正により一部変更された内容が記載されている点があります。 修正された内容はコチラ「相続法の改正で、変更されたポイント」をご覧ください。 相続というのは、ある人が亡くなった際に、亡くなった人の財産 …

相続税対策とは流行りなのか?その知識をつけよう

金融庁が生保会社を対象に行ったアンケート調査 従来は、銀行が扱える保険としては、火災保険や信用生命保険として住宅ローンに関係するものに限定されていました。 銀行が売れる信用生命保険としては、売る銀行のグループ会社の保険会 …

約3割の人が節税効果がある、終活をしてみては?

終活の意識調査 最近、「終活」ということを耳にする機会が多くなってきました。 終活と一言で言っても、お墓、葬儀、遺品、遺言書、相続など、いろいろな内容があります。 そのため、終活という言葉は分かっているが、どのようなこと …

急の場合に困らない税金控除と相続税の知識

平成27年に相続税に関する制度が変更になりました。 この制度の変更によって、相続税の控除額が少なくなりました。 簡単に言うと、割引になる額が少なくなりました。 従来割引になることによって納税する必要がなかった場合でも、割 …

有価証券の株式など遺産相続の方法とは?

株式の相続をする際の手順 株式相続の際は、遺産分割協議書を作って、名義書換を株券発行会社で手続きします。 ここでは、株式相続の手順についてご紹介しましょう。 まず、株式がどの程度どこにあるかを調べます。 上場株式は、金融 …

相続対策6つの失敗例「配偶者控除」で損をする?

配偶者(はいぐうしゃ)は、婚姻関係にある相手方という事で、結婚している相手(夫・妻)を指します。 相続において税金を納める金額を下げる対策として配偶者がおり、一定の条件を満たすと控除を受けることができる、つまり、税金が一 …

事業承継での注意点とメリット・デメリット

巷で耳にする事業承継とはどのようなものでしょうか? 事業承継というのは、企業の経営者が話し合いを後継者と行って、将来的に誰を経営者にするか、後継者に地位や不動産・株式などの資産をどのようにして引き継ぎするかを決定すること …

相続税の節税方法の不動産・保険・贈与の3パターン

税理士によって相続税の申告が異なる場合があります。 依頼する税理士によって、相続税の納付する金額が変わるので、当センターでも、相続事案を多く対応している別の税理士にも依頼し、別の視点から既に納めた相続税が戻ってくる(還付 …

相続の際に使う現況測量と境界確定測量とは?

土地の測量と一言で言うことでも、いろいろなものがあります。 基準点測量が基本的な測量ですが、この他にも写真測量、地形測量、応用測量などがあります。 ここでは、現況測量(現地測量)と境界確定測量(用地測量)についてご紹介し …

相続税の申告漏れの多いのは海外に不動産がある人?

相続税調査の2011事業年度において、財産の申告漏れとしては、預貯金・現金などが1426億円と最も多く、続いて631億円の有価証券、630億円の土地、76億円の家屋の順でした。 また、相続税調査の海外資産関係の件数は74 …

元旦那の親族の関係をどうするか?死別・離婚とではどう違う?

ここでは、相続を前妻の子にしたいという、世の中に実際にはなさそうですが、結構実際にはある話についてご紹介しましょう。 女性は、前妻の子供を連れた男性と再婚しました。 3人が再婚した初めは仲良く暮らしていましたが、そのうち …

生命保険加入率が4割弱と低い英国のその理由

生命保険の考え方としては、生活を遺った家族として保障してもらうなどというようなものは万国共通でしょう。 しかし、保険についてのアプローチとしては、それぞれの国の国民性や背景が反映されるようなイメージがあります。 イギリス …

あれこれ努力して作った「へそくり」が、どうして「夫のもの」なのになるのか?

専業主婦の場合には、夫に内緒でへそくりを貯めているような人もいるのではないでしょうか。 では、相続税の課税対象に専業主婦が貯めていたへそくりはなるのでしょうか? 夫が亡くなった場合に、専業主婦が貯めていたへそくりが相続税 …

脱税した相続税そのリスクは?

相続税というのは、被相続人が死亡して、財産の相続人に課せられるものです。 しかし、基礎控除額より財産評価額が少ない場合は、相続税が課税されません。 また、基礎控除額を財産評価額がオーバーする場合でも、小規模宅地の評価減、 …

金融機関を相続で活用する方法はありますか?

Q: 金融機関を相続で活用する方法はありますか? A: 金融機関は相続関連サービスを強化しています。税理士、司法書士ら専門家を紹介してくれたり、遺言作成支援や遺言執行などのサービスをしたりする金融機関もあります。 金融機 …

弟が介護をしていないが相続分は減らせるのか?

相続税法が2015年に改正されたことによって、約2万人も相続税を納税する義務がある人が多くなったそうです。 まだ両親が元気であるため相続は自分には関係ない、あるいは財産が自分の家は無いので相続は関係ない、などというように …

地震や火災が起きた場合、財産はどうなるのか?

断層が日本では多くあり、地震がどこでも起きる可能性があります。 地震が一旦起きれば、住宅が倒れたり、火災が起きたりするなど、大きな被害を個人が持っている財産も受けます。 ここでは、相続税は災害が起きた場合にどのようになる …

« 1 2 3 4 6 »
PAGETOP
Copyright © 遺産相続無料相談センター All Rights Reserved.